スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開封 

年明け初の箱明けはExquisite Rookiesを開けようと思っていたのですが、
どうやら結構厳しいようで、尚且つ若手にうとい私には向かなそうでしたので、
どうしようかと思ってたら、今年初めて行ったお店にUD Premierが・・・何で今更?

どちらにせよ大枚はたくなら、こっちの方が多少は安いし、
箱5枚確定とは言え【分厚い】【若手主体】という私に向かないExquisite Rookiesより、
Premierは過去2度開けてますが、まずまずの相性だった事もあるのでこっちにしました。
そして気付いたら帰る時にはTopps Sterlingも抱えていました。ナゼだ?病気だ。

2007 Topps Sterling
 Mystery Pack
  White Parallel
   1:#178 S.Musial(#'d/50)
 Box(Chien-Ming Wang)
  Regular(#'d/250) 
   3:#185 #187 #189
  Sterling Stardom
   20080114182527.jpg
   1:8SS-17(#'d/10)

結果:これは・・・どうなんだろう?オート付いてないからやっぱりダメなのかな?
    私としては見開きの8ピースより1枚物の6ピースの方が良かった。

2007 UD Premier
 1st:Regular #153
  M.Giles(#'d/99)
 2nd:Autograph Parallel
  20080114182508.jpg
  A.Soriano(#'d/25)
 3rd:Rookie Silver #211
  J.Nelson(#'d/99)
 4th:Stittchings
  J.Santana(#'d/50)
 5th:Remnants Triple
  20080114182446.jpg
  M.Ott(#'d/75)
 6th:Patches Triple
  20080114182440.jpg
  J.Thome(#'d/91)
 7th:Preeminence Autographs Gold
  20080114182430.jpg
  A.Pujols(#'d/25)

結果:2枚目5枚目はまずまずとしても6枚目までで今回はさすがに・・・と思いましたが、
    また何とか帰ってこれたようです。

トレードとかもしてきました。
後ほどオファーリスト更新したいと思います。
交換してきた一部は↓
続きを読む
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。