スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

競売 

1枚のジャージカードをヤフオクで手に入れました。
20080201222521.jpg
2006 SPxのジャージです。今回もWBC物。

97年にUDからグリフィー、グウィン、オルドネスの3人が、Leafからトーマスが発行され、
メモラを挟み込んだカードが世に出てきてから11年が経ちました。
このグリフィーの最高値は$500、今回手に入れたのは$15と実に約33分の1の価格。
まー、オッズがあれなんで比べちゃいけないのは判ってるんですけど、
今一番安いコモン選手で$8とかですか。これ以上さがっちゃマズイだろうと思うんですよ。
10年余りでここまできました。次の10年でどうなってんだろう?とか考えた事ないっすか?

コメント

そうですねー

2002年に、

「五年経ったなぁ・・・五年後にはどうなってるんだろ?」

・・・っと思ってたら何も変わっていなかった、みたいな(笑)


いー加減末期症状なんとかせいって言われ続けて
ダラダラここまで来た感がありますね。
メーカー、コレクター、どっちが悪いのか・・・
いやそもそもこの状況は悪いのか?とすら最近は思ってしまいます(^^;;
悪い意味で慣れたと言いますか、こんな状況が続くなりに
楽しみを色々覚えたと言えばポジティブですが・・・

なんにせよ、メーカーのエポックメーキングを期待する時期は
もう終わったような気がしますね。
幸いMLB自体は好景気なわけですから、なんとかそっちのファンに対して
カードに興味を持ってもらうような仕掛けを打ってもらえないもんでしょうかね~。
BBMは六大学のカードを発売するそうで、これはなかなか良い試みだと思うのですよ。

>君の靴さん
2002年と言えばあの悪名高いシールオートが確かそのくらいからでしたね。

今の状況から覚えた楽しみってのが凄く気になります。
今度教えてください。
私はいまだ楽しみとやらを探してる状態です。

大学のカードが出るのは知りませんでした。
そんな『新たな試みを模索してるぞ。』みたいな姿勢を、
メジャースポーツにもそろそろ感じたいですねー。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://kengriffey24.blog100.fc2.com/tb.php/93-cb337b0e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。